Home > Photo Essay > MC. KENTAUROS 2011 ON AIR

MC. KENTAUROS 2011 ON AIR


 
考えてみれば、
バイクとは長いつきあいだ。
 
  
若い頃、1人が好きでバイクに乗り、
逃れられない現実から逃避できると信じ、
どこにでもボロボロなバイクで駆けつけた。
 
自分を縛るものは全て忌み嫌うものであり、
自分自身を知らなくても、
自分自身を一番に考える年頃でもあったと、思う。
 
そして・・・
 
社会の重さも厳しさも
先達が揃えてくれた環境に浸りながら
そんなもんだろう・・と甘く見て
厳しい現実に立ち向かおうともせずに
利己的な主張を繰り返す毎日を、過ごしていた。
 
 
勿論、反撃はあった。
 
社会を纏った人々が
常識という盾と掟という剣を持って
組織に従うよう、執拗に攻撃を繰り返す。
 
それでも私は
バイクとの付き合いを、やめる事はなかった。
 
それは・・
 
自分の命を賭ける遊びができる道具であり、
自分自身を確立し確認する行為ができる道具でも、
あったからだ。
 
 

 
 
そんな時代、
傷心を紛らわそうと夜通し走った事があったが、
明け方、墨絵のような世界に色が加わっていく美しさを見て、
時は止まらないんだ・・・と悟り、人生は無常だと思い知った。
 
その時から、既に30年以上が経っているが
それでも明け方の、陽が昇ってくる前の風景は、
未だに大好きな色に彩られたまま、私の心を離さないでいる。
 
 

 
 
私は
NHKの取材を受けるクラブの為に
朝3時半から、クラブと一緒に動いてた。
 
元々群れて走らない自分達に
画にならない・・というテレビ屋のオーダーを汲んで
集合をかけた大将の指示通り、その日参加できるメンバーが
勢揃いした。
  
 

 

 

 
 
思えば、
彼らの記憶は派手な物が多いが
今となっては、大事な兄弟で
共に生きる仲間である事を、
あらためて確認する。
 
 

 
 
NHKが何故、我々を取材したかったのかはわからないが
昭和の1ページとして記録したい、という事だけは理解できる。
 
そう
昭和の時代、
自分自身だけが信じられる時代、
自分らしく生きる形を明確に示し
そのまま生きた集団はそう多く無いし、
それが今も尚、生き残っているのは・・・
珍しいのだと納得できた。 
 
 

 

 

 

 
 
いかにも東京の人がイメージする横浜をメインに
取材は続く。
 
 

 

 
 
敢えて、どんなインタビューをされているのかは聞かず、
同業者故に、余計な突っ込みもしないようにしていたが、
大将から紹介があって素性はバレてしまった(^_^;
 
でもそこは、武士の情け、
余計な事は言わないで過ごす。
 
構築した答えに、
冷や水をぶっかけかねないから
変なフィルターをかけないよう敢えて
近寄らないように動いたのだ。
 
 

 

 
 

そう
我々は今も
横浜から日本中へ、
日本中から横浜へ、
走り続けている。
 
メンバーは未だに増え続け
その動きは醸成されて、
今の時代を置き去りにするように加速する。
 
 

 
 
日本の世の中で
上位組織を持たない組織は殆ど無い中、
我々は、日本の中に存在する様々なしがらみを全部排除し、
オリジナルとして存在している。
 
純粋に人対人としての差別の無い社会を構築し、
バイクという記号だけを共通事項にして、
今も、新しい出会いを続けている。
  
 

 
 
食べたい時に食べ
寝たい時に寝
走りたい時に走り
止まりたい時に止まる
 
それが唯一の「決まり」でもある我がクラブ。
 
その生き方が身についた人間だけが残り、
未だに力を持って走り回る。
 
それは昭和の奇跡では無く
今の時代の奇跡の1つなのかもしれない。
 
 

 
 
私も
どのような番組になっるかのかはわかららないが
OAは10月7日。
番組名は「新日本風土記」(20:00~)NHK BSプレミアム
と聞いた。
 
 
我がチームがNHKに出るのは2回目。
 
そもそもメディアにのる事を避けてきた経験から
よく取材を受けたな・・と、正直思ったが、
テレビ的な演出の中に、どれだけ本物が写っているのか
私自身興味がある。 
 
 

 
  
ただね・・
 
その日、集まってくれた兄弟達は、
それぞれが絵になりすぎて、
写真のチョイスにかなり悩まされた。
 
写真集か写真展にしたいな・・・
と、ちょっとだけ思うほどね(^_^;
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
よろしかったら、
10月7日20時 NHK BSプレミアム「新日本風土記」を
チェックされたい。
 
そこにはきっと
今のMC KENTAUROSが記録されていると思う。
 
 
 

 

コメント:13

スカーレット 11-09-24 (土) 0:10

楽しみです。
是非拝見させていただきます!

bowjack 11-09-24 (土) 0:16

NHKに出るのは2回目のケンタウロス。
私も、興味津々です(^_^)

みにゃー 11-09-24 (土) 22:17

良い写真がいっぱい。
激暑な一日でしたが良い思い出を刻むことが出来ました。

bowjack 11-09-25 (日) 7:59

当日はお疲れ様でした。>みにゃー
 
写真だけ見ると
暑さをあまり感じませんが、
もの凄く暑かった事を今も思い出します。
 
もっともっと載せたい写真はあったのですが
過ぎたるは及ばざるがごとし・・ですしね(^_^;

ユーサク 11-09-26 (月) 21:11

皆様お疲れ様でした、
いいなぁ、俺も行きたかったなぁ
オンエア楽しみにしてます

bowjack 11-09-26 (月) 22:00

たまたま私も、
タイミングが合っての参加でした。>ユーサク
 
大将の許可を得て記事はアップしましたが、
こうやって見ると、兄弟達の写真を撮る意味は
色々なところに有るな・・と思っています。
 
組織が大きいから、全員を撮るのは到底不可能ですが、
少しずつ撮っていこうと、思っています。

ふりまん 11-09-26 (月) 23:55

やっぱ 自分の写真の腕なんてまだまだへなちょこだと思い知らされましたよ
いい写真ばかりです
お疲れさまでした 次回は旨いモルトのみたいね

bowjack 11-09-27 (火) 1:00

仕事用の機材で、撮影に集中できたので
それなりの画質は得られたと思っていますが・・・
 
腕と言うよりも、被写体が良すぎです(^_^;>ふりまん
 
 
美味いモルトは、
どこで飲みましょうね(^_^)
 

南風亭馬笑 11-09-27 (火) 20:43

確かにインパクトのある良い写真ばかりですね。
なぜか、十文字美信さんの写真を思い出しました。
 
今回のNHKのスタッフがどんな表現をするのか楽しみです。

bowjack 11-09-27 (火) 22:58

十文字美信さんの写真集は、あの時代のケンタウロスが
独特のフィルターをかけた状態で写っていました。
 
現在のケンタウロスは
同じ流れでありながら別の時代のケンタウロスとして
ちゃんと生きている・・と
表現できていたでしょうか?

 

bowjack 11-10-08 (土) 4:00

NHKの事だから、2日取材して1分・・・なんてパターンかも
と思っていたのだが、10分程度のボリュームがあった。
 
取材Dの思いはそれなりに反映されていたが、
残念だったのは、横浜という軸を何処に置いているかが
解りにくかった事。
 
横浜にしかないもの・・とか
横浜でしか存在できないもの・・とか
横浜オリジナル文化はどこにあるのか・・・とか
つなぎ合わせたコーナーを綴る軸がブレる以前に何本もあって
勿体ないな・・・と感じた。
 
それぞれをしっかりと取材したろうに
ダイジェストに綴った為、何だか解らなくなったという事。
 
良い素材を集めて、磨きまくって形を揃え
素敵なネックレスになると思ったら
つなぎ合わせる紐が無かった・・・という感じ。
 
 
表現とは、難しいものですね。
 

くろきち 11-10-09 (日) 19:14

私の様な者には、横浜のことをさらっと知るにはある意味良かったのかもしれませんが、
それでもやっぱり、物足りなさを感じました。
もっと掘り下げて欲しかった・・・と。
素人考えかもしれませんが^^;
 
で・・・写ってましたね^^

bowjack 11-10-09 (日) 19:22

・・・・写って・・
ました(^_^;

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://photo.wakao.info/archives/2634/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
MC. KENTAUROS 2011 ON AIR from Bowjackmoore - Anotherside

Home > Photo Essay > MC. KENTAUROS 2011 ON AIR

検索
フィード
メタ情報

Return to page top