Home > アーカイブ > 2008-08-08

2008-08-08

2008.8.6 HIROSHIMA

 

8月6日
平和記念公園に、私は居た。

 

何故、ここに来ようと思ったのか、
それは自分でも、今ひとつ理解できていない。

だから、感じるままにシャッターを切った。

 

 

核兵器が廃絶されるまで燃え続ける「平和の灯」は、
この日も燃え続けている。

この火が消えない事に対して、
「燃えっぱなしは、エコの時代にもったいない」
と言う人がいる・・と聞かされて、
63年の月日は、こうも人の気持ちを変えてしまうのか、と、
ただただ悲しい気持ちに包まれた。

 

 

毎年必ず、この日を街全体で迎え、
戦争の記憶を、核の怖さを伝える意味を、
あらためて考える、いや、考えざるを得ない場所。

その消してはならない記憶を伝える義務は、
日本にこそあると思うのだが。

 

 

牛乳パックで作ったキャンドルに、
平和を求めるメッセージを綴った子ども達は、
何を思うのだろう。

 

 

灯籠を流す少年は、何を思ったのだろう。

 

 

Home > アーカイブ > 2008-08-08

検索
フィード
メタ情報

Return to page top